スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADHDについて(理解のために)

ADHDの症状
ADHDの症状
典型的なADHD
ADHDの診断基準
ADHDと2次障害
ADHDと間違いやすい発達障害

ADHDの対策
ADHDの子供とのつきあい方-4大原則-
ADHDの子供とのつきあい方

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : ADD/ADHD
genre : 心と身体

tag : http://analysis.fc2.com/

ADHDの子供とのつきあい方

毎日のスケジュールを決める
  ・予定表を作る(毎日の生活の流れを安定させる)
  ・予定の把握(何をすればいいのかわかるようにする)

    家庭で子どもが行うことをリスト化して順序立てた1日の行動計画表を
    子どもと一緒になって作り、忘れないように目に付くところに貼って
    本人にしっかりと注意をコントロールするように工夫します。
    親はどうしても手を出したり、声をかけたりしがちですが、行動評価表
    などをいてできるだけ自分でさせるようにすることが大切です。
    計画表と評価表を常にチェックして、ちゃんとできたことに対しては
    良い評価を与えて、子どもを励まし続けることが継続的な経験
    を自発的に積み重ねるうえでのポイントになります。
    また、朝の忙しい時に、なかなか登校の用意ができないことが
    多いため、準備に余裕をもてるように夜は早く就寝させ、朝は少し
    早めに、なるべく自分で起きられるように訓練してください。

注意することを厳選する
  ・今本当に困っていることを注意する
    子どもの行動を、
     ・好ましい(増やしたい)行動
     ・好ましくない(減らしたい)行動
     ・してはいけない行動(とても危険で他の人を傷つける行動)
    の3つに分類し、それぞれに対処の仕方を変えて好ましい行動に
    置き換えていきます。

気になる行動を書き出し、対策を考える
  ・家庭における問題を書き出す
  ・それぞれの問題について解決策を考える
  ・方法が決まったら、紙に書き出して目立つところに貼っておく


やる気を引き出す方法
  ・やる気を引き出すためにごほうびを
  ・わかりやすい目標があるとがんばる

    (例)ポイントカード・ゴールカード
    好ましい行動に対してきちんとほめることでその行動を強化します。
    その場合に、それ相応の報酬を与えるとより効果的です。

ほめて育てる
  ・ほめられるとがんばろうと思う
  ・持続している時にほめる
  ・子供のいいところをみつけよう

    AD/HDの子どもは、デリケートで繊細な面をもっています。
    症状のために周囲の子どもから拒絶され、また親や先生から
    叱られることが多いことから、多くの子どもは劣等感をもち、ひどく
    自尊心が傷ついています。
    そうなると、子どもは意欲を失い、学習に遅れが出たり、反抗的態度や
    破壊的な行動を起こしやすくなりますから、自信をつけさせて自尊心
    を養うことがとても大切になってきます。
    そのためには、本人の良いところや優れた面を重視して個性を
    伸ばすように育てていく姿勢が重要です。
    周りの子どもたちと比較するのではなく、本人のできることのレベルから
    少し上達したらほめて自信をつけさせる、他の子どもと違った能力や
    才能があればそれを伸ばしてあげるといったことで自尊心を養うことが
    できます。

興奮状態に陥ったときには冷静に対応する
    AD/HDの子どもでは、自分の思いや要求が相手にわかってもらえな
    かったり、うれしさのあまりテンションが上がってしまったり、しては
    いけない行動(例:エレベーター内の非常ボタンを押すなど)をして、
    大声で叱責されたりすると、興奮状態やパニック状態に陥ることが
    ときどきあります。その場合、親はついカッとなって叱ったりと感情的
    になりがちですが、冷静に対応しなければなりません。
    興奮状態では本人にその原因を聞ける状況にはありませんから、
    まずは落ち着かせるために別の部屋に1人にさせておくと20分ぐらい
    でクールダウンします。
    あるいは、ゆっくりと深呼吸させながら「5、4、3、2、1」と
    逆に数を数えさせることで、注意を逆数を数えることに集中させ落ち着
    かせる方法もあります。逆数の数唱は、衝動的に物事にすぐ反応しな
    いように、考える時間をもたせる練習としても効果があります。

方法を丁寧に教える
   ・実はやりかたがわかっていない
    具体的なやり方をシンプルに教えることが大事です。
    片付けが苦手な子供には、とにかく物がゴチャゴチャにならない事を
    目標にそこに入れるだけで仕分けができるような収納場所を作って
    あげましょう。その子の発達レベルにあった片付け方を見つけて、
    子供と相談しながら片付けやすい部屋を作ります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村

theme : ADD/ADHD
genre : 心と身体

ADHDの子供とのつきあい方-4大原則-

①体罰をしない
 たたかれて育った子はたたく子になる。
 たたくことで効果があっても、一時的である。
 親を憎んだり、消えることのない深い傷を負う。

②注意する回数を減らす
 注意する時は子供の気を引いてから。
 初めの何回かは聞こえていないこともある。

③子供への話し方を変える
 「暴言・どなる・言葉で傷つける」をやめる。
 叱っているうちについつい「もう、うんざり」などと暴言を吐いてしまうこと人もいます。
 これは子供が否定されたと感じて望ましくない行動がエスカレートします。
 心の中のCDレコーダーには、よいメッセージを入れていこう!

④わざとなの?・・・誤解から解放される
 「親を困らせようとしてわざとやっている」と思うのは誤解。
 すぐばれるような嘘を言うのは、叱られるのを避けるためです。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村

theme : ADD/ADHD
genre : 心と身体

ADHDと間違いやすい発達障害

【広汎性発達障害(自閉性障害およびアスペルガー障害)】
自閉性障害は、対人反応、コミュニケーション、行動・興味の3つの領域の発達が著しく低下した障害です。
対人反応が未発達であるため他人との関わり合いが持てず、コミュニケーション面でも発達に遅れや偏りがあるため常同的・反復的なことばの繰り返しがみられます。
また、興味の対象に偏りがあり、特定の無意味な手順や儀式的行為に対する執着がみられます。
自閉性障害には知的障害を伴うものがほとんどですが、知的障害を伴わず、言語の発達遅延がみられないものをアスペルガー障害といいます。アスペルガー障害では、自閉症状の現れ方が自閉性障害よりも微妙であり、また、対人交流で孤立的な自閉性障害と異なってアスペルガー障害では積極的な場合が少なくありません。
広汎性発達障害の多くがAD/HDに似た多動や不注意症状を呈するため、鑑別診断が非常に重要です。基本的には、興味の偏在、固執・執着、異常な記憶力などで鑑別可能とされていますが、症状の現れ方が微妙なアスペルガー障害との鑑別診断はむずかしい場合があります。

【学習障害】
全般的な知的発達に遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する、または推論する能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示す状態を指します。
学習障害のある子どもの10~40%にAD/HDが認められるとされ、また、AD/HDの子どもの約30%に学習障害が合併しているといわれています。

【精神遅滞】
いわゆる「知的障害」と同義で、身体疾患や精神疾患がないにもかかわらず、明らかに知能の働きが標準に達せず、標準的な日常生活を送るには無視しがたい支障がある状態をいいます。知能指数(IQ)により重症度が分類されます。
精神遅滞児の約10%以上がAD/HDの診断基準を満たしているとされていますが、精神遅滞児が求められる水準の高い環境に置かれた場合の落ち着きなさをAD/HDと間違えないように注意する必要があります。

【運動能力障害(発達性協調運動障害)】
身体を動かしにくい身体疾患があるわけではないのに、運動が下手だったり、絵や文字を書くのが苦手だったりと、いわゆる「不器用さ」が全面に出た状態を指します。
AD/HDなどの発達障害の合併がしばしばみられます。

【トゥレット障害などのチック障害】
チック障害とは、突発的に本人の意思と関係なく体の一部の筋肉が動いたり(運動性チック)、声が出てしまう(音声チック)という症状で、一過性チック、慢性チック(運動性チックまたは音声チックのどちらかが1年以上続くもの)、トゥレット障害(運動性チックと音声チックの両方が1年以上続くもの)があります。
トゥレット障害の50~80%にAD/HDが合併することが知られています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村

theme : ADD/ADHD
genre : 心と身体

ADHDと2次障害

ADHDの子供は叱責されることが多いため、
自分より立場の弱い者をいじめてむしゃくしゃした気持ちを
紛らわせようとしたり、自分自身に自信をなくしたり、
学校への不適応を起こすことがあります。
このように2次的におこる障害を2次障害と呼びます。

【自己評価が下がる】
学習に遅れが生じていることや、学校や家庭でたびたび叱られていること、トラブルばかり起こして友だちから嫌われていると思うことなどから、AD/HDの子どもは劣等感を抱いていることがほとんどです。本人もなんとか状況を変えようと努力しますがなかなかうまくいかず、そのために自尊心がひどく傷つき、自己評価が著しく低いことがめずらしくありません。

【学業不振】
多動性や不注意があるため、通常、AD/HDの子どもは知的な遅れがないにもかかわらず学習能力が阻害されていることが多いのが特徴です。すぐに他のことに気をとられてしまうため物事に集中できず、飽きやすいため学習に身が入らないことに加えて、AD/HDの1/3ほどが学習障害を伴うことがその原因です。また、不器用な子どももよくみられます。

【いじめる】
AD/HDの子どもはときに悪意もなく衝動的に誰かを叩いたりするため反抗的と映り、周りから非難されたり、トラブルを抱えることが少なくありません。この状態が続くと感情をコントロールできなくなって腹を立てたりかんしゃくをたびたび起こすようになり、次第に本当の反抗心や反抗的な行動へと発展していくことがあります。

【いじめられる】
AD/HDの子どもは、集団行動で学ぶべきコミュニケーション能力などの社会的なスキルを年齢相応に習得するのが苦手です。そのため、周囲から理解されにくく、友だちとトラブルになったり、集団から浮いてしまったりすることがあります。

【うつ病】
AD/HDの子どもは周囲からからかわれたり、親や教師から叱られることが多いため、ひどく孤立感を抱く場合が少なくありません。そのことが引き金となって、極度に親離れが苦手になったり、学校生活に強い不安を感じたり、あるいは抑うつ的(気分が沈むこと)となるなど、情緒面でかなり不安定になることがよくみられます。

【反抗挑戦性障害・行為障害など】
子どものAD/HDの半数近くが反抗挑戦性障害を合併し、また反抗挑戦性障害の一部は行為障害に移行します。さらに、幼児期、学童期におけるAD/HDから、前思春期には反抗挑戦性障害を経て、思春期になると行為障害へと発展し、さらに彼らの一部は少数ながら成人に至って反社会的人格障害に行き着く場合もあります。
 
※反抗挑戦性障害
同年齢で同じ社会的背景をもっている子どもの行動の正常範囲を明らかに超え、理屈っぽく、頑固で、かんしゃくを起こしやすい、大人の要求や規則に従うことを徹底して拒否するといった、持続する拒否的、敵対的、反抗的、挑発的な行動パターンを示します。ただし、人に暴力をふるったり物を破壊するなどの反社会的な行為は伴わず、その点で行為障害と区別されます。
AD/HDの子どもの約40%が、成長過程において反抗挑戦性障害の診断基準を満たしているとされています。反抗挑戦性障害は、自分をちゃんと認めてほしいというAD/HDの子どもの心の現れという側面があります。

※行為障害
年齢相応に社会的規範やルールが守れず、暴力行為を含めて他人の権利を侵害したり、ものを破壊したりする行為が日常的に出現します。人に暴力をふるったり、動物を傷つけたり、物を破壊したり、物を盗んだりといった反社会的な行為の有無により診断されます。非行と重なる部分もありますが、非行を伴わない行為障害もあります。
行為障害はAD/HDとの合併が多くみられ、諸外国では、合併率は児童期で20~40%、思春期で44~50%と報告されています。

【不安障害】
不安障害には、広場恐怖や社会恐怖などの恐怖症、パニック障害、全般性不安障害があります。子どもの場合、不安や恐怖を感じることは日常的によくみられ、特に暗闇恐怖や動物恐怖などの特定の恐怖症をもっていることが少なくありません。一方、子どもにおいてはパニック障害はまれです。不安障害には含まれませんが、分離不安障害もAD/HDの子どもにときどきみられます。
不安障害をもつ子どもの10~35%にAD/HDがみられ、AD/HDの30%に不安障害がみられます。

【気分障害】
以前は子どもにうつ病はないとされていましたが、最近では成人と同様の症状がみられることがわかってきました。子どもの場合には、不登校などの行動や頭痛や吐き気などの身体症状、そしていらいらした気分を通して訴えることが多いのが特徴です。一方、子どもの躁うつ病はまれですが、躁状態がAD/HDの症状と類似しているので注意が必要です。
うつ病をもつ子どもの20~50%にAD/HDがみられ、AD/HDの10~30%に気分障害がみられるとの欧米における報告があります。

【児童虐待と関連の深い反応性愛着障害】
愛着とは、乳幼児が自己を形成し、他者との健全な人間関係を結ぶ能力を発展させていく上で最も大切な、土台となる母親との情緒的絆と信頼感を発展させるために不可欠な感情と考えられています。
しかし、児童虐待や育児放棄(ネグレクト)などにより、乳幼児期にうまく愛着関係を形成できないと、他者への愛着の形成や人間関係が著しく不安定となる「反応性愛着障害」が生じやすくなります。この反応性愛着障害の症状として、不注意、多動、衝動性がみられることがあります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村

theme : ADD/ADHD
genre : 心と身体

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
アスペルガー症候群の
夫(ポン吉)と
アスペルガー/ADHDの
娘(ピヨ)と
ADHDの
息子(ライガー)と
私の4人家族です。
よろしくお願いします(*^_^*)

クリックお願いします!

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

 

自己紹介
 ・あーちゃん
 ・ポン吉
 ・ライガー
 ・ピヨ

発達障害
 ・アスペルガー症候群
   (理解のために)
 ・ADHDについて
   (理解のために)

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

QRコード

QR

おすすめ書籍

支援グッズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。